ピアノを高値で買い取ってもらいたい!とお考えのアナタの為の情報サイトです!

ピアノを買取ってもらいたい!そうお考えのアナタは以下の様な希望や不安・疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 私のピアノを最高値で買取ってくれるピアノ買取業者はどこだろう?
  • 有名ブランドのピアノではないけれど…本当に売れるの?逆にお金かからない?
  • 業者によってそんなに買取金額って変わるの?
  • 査定を依頼したらしつこい営業の電話がかかってくると聞いて…不安に思っています。
  • 信頼できる買取業者に査定してもらい、その後を任せたい!
  • 諸事情ありピアノを一刻も早く売りたい…スピーディーな対応の業者はどこ?

疑問に思う女性

ピアノ買取に関して上に記したようなことをお思いでしたら、きっと当サイト(ピアノ買取ラボ)の情報はアナタのお役に立つ情報になると思います。

無料で使えるおすすめのピアノ買取比較サイトも紹介しておりますので、是非あなたの大切なピアノの無料査定をご検討くださいませ。

ピアノを売りたい方必見!「ズバットピアノ買取比較」の魅力について解説します

ピアノを買い取ってもらうにはまず…
ピアノ買取業者に電話やWEB上から依頼をする必要があり、その後ピアノ買取査定の見積もりを貰う事が出来ます。

しかし、ピアノ買取価格と言うのは買取り業者が独自に価格を定めているため、安値で叩かれてしまうと言ったケースも在ります。

また、買取り業者の中には、あまりよろしくない業者も存在していると言われており、悪質な業者に依頼をしてしまうと、トラブルに巻き込まれてしまったり、かなり安値で買い取られると言ったケースも在ります。

※もっと最悪なのは依頼者側が引取料を支払うことになってしまうケースです。

それら不安なケースを出来るだけ避けたい方に…且つ、高価なピアノを少しでも高く売りたいと願うあなたに強くおすすめしたい便利な存在が「ズバットピアノ買取比較」です。

ズバットピアノ買取比較は最大5社までの買取り業者からの見積もりを依頼する事が出来ます。

ズバットピアノ買取比較

買取り業者は多数存在しており、インターネットを利用して調べると複数の業者が検索結果に表示されるため、どの業者に依頼をすれば良いのか迷ってしまう人も少なく在りません。

「どの業者に依頼すればいいのだろう…?」あなたもそんな不安・疑問を抱いている一人かもしれません。

ズバットピアノ買取比較は、「ピアノ買取の見積もりを依頼したい時」、「自分が所有しているピアノの価値を知りたい時」などに非常に役に立つ便利なサイトです。

ズバットピアノ買取比較に登録されている買取り業者は、どこも安心して買取の依頼をすることが出来る業者であるという強い信頼感があります。

ズバットピアノ買取比較

「ズバットピアノ買取比較」の魅力まとめ

  • 「安心して依頼出来る買取り業者」を選りすぐりの業者の中から選べる(信頼度バツグン)
  • 最大5社からの買取り査定を受ける事が出来る(買取相場が把握しやすい)
  • 大切に使用していたピアノを高値で買取ってくれる業者を探し易い(ピアノを売る際に損する確率が減る)

また、インターネットを利用して依頼をすることになるため、一度情報を入力すれば選んだ買取り業者に対して一括で見積もりの依頼が出来ます。見積もりは営業時間内であれば、スピーディーな対応をしてくれるため、引越しなどの理由で直ぐにピアノを売りたいと思った時でも安心です。

尚、「ズバットピアノ買取比較」を利用しての「ピアノ買取価格の査定」は全て無料で行ってくれます。自分のピアノの価値をノーリスクで知ることが出来るという点もまた「大きな魅力」です。

最大5社への無料一括査定はこちら

無名ブランドのピアノでも買い取ってもらえる?引取料を請求される?ピアノ査定前の注意点を解説します

ピアノ買取業者のコマーシャルが大々的に流れていることからも、不要になったピアノは買い取ってもらえる、つまり「売れる」ということはよく知られています。

しかし、ピアノにもいろいろな種類があります。
国内の有名メーカーのものであれば、ブランド品として高値が期待できます。

しかし「無名ブランドのピアノはどうだろうか?」「高値どころか逆に引取料を払わなければならないのではないか?」と不安に思う人もいることでしょう。

結論からいうと、無名ブランドのピアノでも状態が良ければ買い取りしてもらえます。

もちろん国内の有名ブランドに比べると基本的には査定額は低くなりますが、まだ使えるピアノなら、引取料を払ってまで処分するのはもったいないでしょう。

最初に来てもらった業者に「買い取りは無理、引取料が必要」と言われただけで、安易に処分してしまわないことが大切です。

ピアノは処分に困る楽器です。自治体によってはお金を払っても大型ゴミとは扱ってもらえず、引取りを拒否されることがあります。
…かといって、素人が解体することなど簡単にはできませんので、途方に暮れている人も少なくありません。

引き取ってもらえるのならお金を払っても良い、と考える人がいるのも当然のことです。
しかしピアノは演奏するためにあります。着飾って見せびらかすものではありません。

一流ブランド品でなくても、演奏に支障がなければピアノとしての価値はあります。

買い取られたピアノはメンテナンス後、中古品として売り出されます。
中古のピアノを購入する人はいろいろですが、子供がピアノを習い始めたのでとりあえず1台欲しい、昔習っていたピアノをまた始めたい、という人も多いでしょう。

新品にこだわらず、もちろんブランドにもこだわりません。
プロのピアニストを目指すというなら話は別ですが、ピアノは基本的に趣味の範囲ですので、品質にこだわる人ばかりではありません。

つまり需要がある以上、買い取りは可能なのです。

最高値でピアノを売るために一括査定サイトを利用しよう

当サイト一押しのピアノ買取比較サイト「ズバットピアノ買取比較」は、複数の業者に一括で査定してもらえるサイトです。

買取を希望されるようでしたら、相場を知ることは非常に大切です。

例外もありえますが…故障していても、修理できる範囲であれば買い取りは可能なはずです。
諦めずまずはお気軽に無料一括査定からはじめましょう!

最大5社への無料一括査定はこちら

※注意点

因みに、ピアノの買取り査定を依頼する場合、幾つか準備しておくことが大切です。

例えば…「ピアノのメーカー名」、「機種名」、「製造番号」、「ペダルの本数」や「色」と言った基本的な情報が必要となるため、ピアノを購入した時に付いてきた保証書やパンフレットなどを利用して調べておきましょう。

尚、基本的に「メーカー名」はピアノの鍵盤の上側に記載が在りますし、「機種名」や「製造番号」はピアノの蓋をあけたところに記載されているケースが多いので、チェックし予めメモをしておいてから買取り業者に依頼をするのがお勧めです。

その他

  • 詳細を伝える際、「一部の音が出ないなどの不具合」は隠さず、正直に伝えるようにしましょう。
  • ブランドも大事ですが、ピアノは状態が最も重要です。日頃からメンテナンスを怠らず、使わないときはカバーをかけるなどして大切に扱いましょう。
  • 中古ピアノに値がつくことが多い理由

    ピアノが売れる

    中古品のなかでも、値がつく可能性が高いのが中古ピアノ

    インターネットオークションやリサイクルショップの充実で、中古品を売却しやすい環境が実現しています。特に、数回しか使用していない物品であれば、それなりの値段で買い取ってもらえ、家計の足しとすることが可能です。

    しかし10年以上使用しているものであれば、買い取ってもらうことは困難です。家電リサイクル法も施行されており、家電製品は引き取りだけで費用がかかるようになっています。

    このように、長期間使用した物品は売却するのが困難となっています。しかしその例外がピアノです。

    テレビCMで告知されているように、中古ピアノの買い取りニーズは高くなっています。他の物品であれば到底、買い取りしてもらえないほど長期間使用していても、中古ピアノについては買い取りしてもらえることが多くなっているのです。

    ピアノの価値は劣化しづらい

    ピアノは楽器です。家電製品や電子機器と異なり、内部の配線が劣化することで使えなくなることはありません。

    また楽器において重要なのは音の響きですが、300年前に作られたストラディバリウスのバイオリンが現在でも重宝されているように、木製の楽器は年月が経つことで、響きが良くなる傾向が強くなっています。

    さらにピアノ内部の弦については交換可能で、中古ピアノの再生は比較的容易となっています。ピアノについては新規に製造するよりも、中古ピアノを再生させたほうがコストがかからず、市場ニーズに迅速に対応できるようになっているのです。

    日本製ピアノのニーズはアジア諸国で高まっている

    現在、日本国内でのピアノの需要は実は高くありません。しかし、その穴を埋めるように、中国や東南アジア諸国でピアノの需要が高まっています。

    高度経済成長を遂げているアジア諸国では中間所得層が増加していますが、中間所得層にとって憧れの的となるのがピアノです。かつての日本がそのような状況であったように、親が子供にピアノを習わせるのがステータスとなっているのです。

    現在、日本で買い取られた中古ピアノは再生されて、多くはアジア諸国に輸出されています。ヤマハやカワイというブランド名はアジアにおいても広く認識されており、特にヤマハのピアノであれば30年前の製造モデルでも、数万円の値がつくことが多くなっています。

    演奏されないピアノは、活躍の場を失った可哀想な存在です。もし家庭に使っていないピアノがあるのであれば、買い取りを利用して、ピアノに新たな活躍の場を与えてみるのもよい選択と言えることでしょう。

    最大5社への無料一括査定はこちら

    特定商取引法に基づく表示